講演会 講演会


親子の健康管理について「心と身体を動かす体内時計」

〜食、運動、睡眠のリズム〜
 
日 時: 2017年10月21日(土) 14:00〜15:30
場 所セントポールズスタジオ
講 師
 
栗原冬子氏
 
参加者 中学校 7名 高等学校 30名
合計37名

 
挨拶:桜井斗人会長
こんにちは。セントポール会の桜井です。
日頃よりセントポール会へのご理解、また、ご協力いただきまして有難うございます。本日は、生憎の雨で、足元の悪い中、講演会にお越し誠に戴き有難うございました。今日の講演会ですが、親子の健康管理について、心と体を動かす体内時計というテーマで、栗原冬子様にご登壇いただきまして、講演をしていただきます。栗原様は、食育、美容と健康など、幅広い分野でご活躍をされておりまして、特にお母様方には非常に為になるお話をして戴けると思いますので、短い時間ではありますが、どうぞ宜しくお願い申しあげます。
 
挨拶:村上和夫校長
今日はものすごい雨の中、お集まりいただきまして有難うございました。
とても良いお話がこれから始まりますので、来て良かったと思っていただけると思います。セントポール会の皆様方には、いつも学校の色々な事にご協力いただきまて、本当に有難うございます。深く感謝をしております。今日は心と体を動かす体内時計というお話でございます。私は食事をとる事が上手くないので、太ってしまうのですが、お話を聞けば、もう少し痩せられるかなと思っています。生徒達の健康管理はとても重要で、健康管理は食べるものからという事ですので、是非ご自分の為に、そして子供達の為にも聞いていただきたいと思います。
 
栗原冬子氏
立教新座キャンパスには高校時代に文化祭でお邪魔しました。
その時から施設がまったく変わっていて驚きました。素晴らしい学校で驚きました。
今日は時間という観点から、子育てと健康について考えていただければと思います。

「心と体を動かす体内時計」
時間は誰にとっても平等に流れています。私たちの体にある体内時計を意識して生活するかしないかで大きく変わってきます。
健康の3本柱は食と運動と睡眠です。私たちは24時間の中で生活していますが、そのリズムを崩さないように生活できるかどうかです。
まず、朝太陽の光を浴びて目覚め、朝食をとることで脳の視床下部にある視交叉上核が反応します。
体内時計が狂うと成長ホルモンが出にくくなり、お子さんは背の成長に影響します。大人の場合は、成長ホルモンは細胞の再生に使われています。他にも、体内時計が狂うことで、免疫力の低下、睡眠の質が低下、生活習慣病のリスクが高まる、太りやすくなる、負の連鎖が起きやすくなる、などが考えられます。
1日の時間は、90分という単位に区切って考えることができます。
90分という時間のリズムは、集中力を維持できる時間、睡眠のリズム(レム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返すリズム)、糖分低下のリズム、空腹を感じるリズム、と考えることができます。

1日(1440分)90分を16セットと分けて一日を使う時、睡眠時間と、仕事や学校などにいる時間を除くとおおよそ6タームが自由時間になり、それをどう使うかが大切です。朝昼晩で食事をするリズム、体温や血圧、心拍数の変化のリズム、記憶力にもリズムがあり、お昼ごろが一番記憶力が高いと言われています。
一週間にもリズムがあり、休日前後の精神状態にもよっても変化します。水曜日あたりは一番疲労を感じると言われ、ノー残業デーなどを設定する企業が多いのもこのためです。活動量、食欲共に週の中頃が最も高まると言われています。一ヶ月では、女性はホルモンバランスの周期がわかりやすく、月の満ち欠けにもリズムがあり、仕事をしている人は給料日の近くに精神状態の変化があるかと思います。
一年では、四季のリズムがあります。
アレルギーや、年末年始、お誕生日月の精神状態などにも左右されます。
流行にも周期があり、7年で流行に飽きてしまい、28年で真逆のものが流行し、56年で元に戻ってくるので、企業のヒットメーカーは、この周期を元に計算、企画しています。
私たちの体の中にも、刻んでいるリズムがあります。
心臓、瞬き、呼吸にもそれぞれのリズムがあり、肝臓の働きのピークは午前中、胃は14時過ぎなので、朝食には胃に優しいものを食べるといいですね。がん細胞ができやすいのは、夜の間と言われています。夜の間に不摂生を続けているとリスクが高まります。急性心筋梗塞、脳卒中などは明け方から午前中にかけて、リスクが高まり、アレルギー疾患は夜間から朝方、体温の高まりで痒くなってきます。
食のリズムに関しては、朝から昼まではデトックスの時間であるので、朝食は栄養があり、胃に負担がかからないものを食べることが大切です。昼から夜8時までは消化能力が高まる時間で、比較的何を食べても大丈夫ですが、夜は消化吸収、代謝の時間ですので、寝る前3時間は食事を終えておくことが大切です。

次に体内時計をリセットさせる朝食の取り方です。
夕食との間を10時間から12時間以上空けましょう。夜遅く食べて、朝食までの時間が短くなってしまうと、体が朝食を摂ったと感じなくなってしまうため、ぼうっとしたまま午前中を過ごしてしまうことになってしまいます。夜食を作る場合は、おにぎりなどではなく、スープやおかゆなど消化のいいものを選ぶことをお薦めします。朝食はスムージー、おかゆ、スープなど、消化のいいものをバランスよくとりましょう。昼食はたくさん食べても大丈夫ですが、昼食から夕食までを7時間以上空けないようにします。時間が空きすぎると、体が朝食と勘違いをしてしまい、血圧や体温が上がり、睡眠の質が悪くなってしまいます。脂肪や糖質を控え、食物繊維をとると次の日のデトックスがスムーズになります。寝る3時間前に食事を済ませることで、食べたものが寝た後に胃の中に残っていないようにしましょう。肉類や炭水化物を食べる場合は特に注意します。頚椎、腰椎、胸椎の数と同じ、5時間、7時間、12時間を目安に食間を空けましょう。お腹が空いたからといって、食べ続けることで、血糖値が安定せず、情緒が不安定になると言われています。

運動は無理なく続けられるペースが大切で、朝は有酸素のリズム運動などが適しています。朝はリズムを刻むことで体内時計が動き出して、幸せホルモンであるセロトニンを増やすことができます。夕方5時から7時は運動のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが出やすく、筋力アップに最適です。夜はストレッチとリラックスを心がけましょう。
リラックスには深い呼吸がよく、心がけて深い呼吸を1〜2分することで、指先まで温めることができます。眠りに入る前に呼吸で体を温めると、リラックスして良い眠りにつくことができます。日中、陽を浴びてセロトニンが出ないと、夜になって睡眠ホルモンであるメラトニンを出すことができません。お休みの日にお昼過ぎまで寝ていたりすると、体内時計が狂ってしまいます。トリプトファンの摂取、感動体験、規則正しい生活、ときめく気持ちなどで幸せホルモンである、セロトニンを出すことができます。セロトニンが出た14時間後にメラトニンが出てきますし、アーモンドや豆類など栄養素の中にもメラトニンを増やしてくれるものがある。
睡眠とは生命機能の復活タイムと言われています。
夜10時から2時までは最も成長ホルモンが出るときで、大人であっても寝ていることが大切です。レム睡眠、ノンレム睡眠のリズムがとても大切です。青年期には、睡眠は脳の発達を促すのに必要です。ブルーライトを発するものも寝る前には避けるようにしましょう。寝溜めで時差ボケが起きることもあるので、寝る時間が少なくなったとしても、短いお昼寝などで対処して、いつもの生活リズムを崩さないようにしましょう。
ストレスも体内時計を乱す大きな原因になるものです。睡眠不足、摂食障害、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れ、抜け毛、免疫力の低下などが起きる危険があります。受け止め方、考え方で、起きたことをストレスとして受け止めないようにすることができます。
 
以下、ストレスを受けないポイントです。
• ものごとに主体的に携わる
• 他人と比較しない
• ポジティブ思考を心がける
• 相手に多くを求めない
• 深く呼吸する
 
最後にハッピーライフのためのヒントをお伝えします。
• 体内時計を整え、よく食べ、よく寝て、よく笑う
• 気が合わない人と一緒にいることで、成長できる
• 興味のないことに興味を持ってみる
• ありがとうと言うを口癖にする
• 幾つになっても初体験を楽しむ
• 寝る前に最高の笑顔で眠りにつく
本日はありがとうございました。
 
挨拶:山内辰治副校長
皆様こんにちは。今日は栗原さんをお迎えして貴重なお話をうかがうことができて、私もいろいろ学ぶ事が出来ました。感謝したいと思っております。皆さんには、天気も良くない中、おいでいただきましたことも感謝しております。
セントポール会の役員の皆様にも、この会の為に、多くの力を使っていただきまして感謝をしたいと思っております。今日は有難うございました。s 

 
 
 

 
クラブ活動報告:
○ 高校インターハイ出場報告
1 馬術部3−3 土屋 翔
 
2 フェンシング部3−7 中村冠太
 
3 剣道部3−2 中嶋将太
3−5 渡部勇二郎
 
4 陸上部3−3 利田大紀
陸上部はインターハイ 4×100mリレー 第8位入賞
 
5 空手道部3−7 山中望未 インターハイ・国体でそれぞれ連覇
なお、空手道部、サイクル部は本日欠席です。
 
○ 高校クラブ その他の大会
1 鉄道研究会2−3 佐別當佑悟
第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト モジュール部門 審査員特別賞

○ 中学クラブ大会等報告
1 水泳部 3−C 大澤 創
3−B 森谷 豪太
3−E 櫻井大葵
2−B 藤野 友碩
関東中学校水泳競技大会 400mフリーリレー 優勝

○ クラブ以外の活動
 2−1 吉川恭太郎
第19回全国高校生トライアスロン大会 優勝